〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-5-7 くもんぴあ箕面3F
TEL.072-725-8133

大阪府箕面市 耳鼻科/鼾(いびき) 睡眠検査 経鼻的持続陽圧呼吸(CPAP)療法  おおひなた耳鼻咽喉科クリニック

検査機器

上記QRコードよりモバイル専用
ページがご覧いただけます。

HOME»  検査機器

電子内視鏡

従来のファイバーと比べて鮮明なデジタル画像が得られるので、病変部位の正確な診断が行えます。径も細いため、患者さんの苦痛も少なく、検査を行うことができます。通常、鼻から挿入し、深くまで進めなくても観察できるため、「オエー」となることは、あまりありません。

症例

以前より声枯れがあり、来院されました。内視鏡検査を行いましたところ、声帯に隆起性病変が見つかりました。

超音波検査装置

頚部の腫れ、できものの診断に使用します。
全く苦痛を伴わず、頚部の中を見ることができます。

症例

くびの異和感を気にされて、来院されました。頸部エコー検査を行いましたところ、甲状腺の一部が周囲と色が違っていました。基幹病院に紹介、甲状腺癌と判明し、早期の状態で手術が行われました。

レントゲン装置

耳、鼻、頚部の撮影を行います。

聴力検査装置

検査室は、診察室から十分離れており、遮音効果の優れた聴力検査室内で行いますので、正確な検査を行うことができます。

簡易睡眠検査


ご自宅で行って頂ける睡眠中の呼吸状態を調べる検査で、危険ないびきか、そうでないいびきかを判定します。危険ないびきをかく人は、寿命が短いという報告が出ており、早期に発見し、治療することが必要です。

検査結果のグラフ

呼吸:波のない平坦な部分で、呼吸が止まっています(無呼吸)。(約40秒間)
いびき:無呼吸の時間は、いびきも消失しています。その後、呼吸が再開すると、いびきが生じています。
血液中の酸素:通常は、平坦となるはずですが、極端な酸素不足が生じています。
脈拍:脈が速くなっている部分が、見られます。

インフルエンザウイルス抗原迅速診断検査

ウイルスが体内である程度、増殖してからでないと検出できないため、検査時期としては、発熱が生じてから12時間程度経過してから行うことが望ましいとされています。それ以前でも陽性と出ることはありますが、陰性でもインフルエンザに感染していないとは断定できません。一方、抗インフルエンザ薬は、ウイルスが既に増殖してしまった後では効果が出ないため、早い時期(48時間以内)に診断し、治療を開始する必要があります。

A群ベータ溶血連鎖球菌抗原迅速診断検査

A群β溶血連鎖球菌は、猩紅熱,溶連菌感染の原因となる他、弁膜症、急性糸球体腎炎、リウマチ熱の危険因子として重要とされています。リウマチ熱、急性糸球体腎炎の合併症予防のために、少なくとも10日間は確実に抗菌剤を投与し、服薬を指導することが重要である。口蓋、扁桃、咽頭後壁に綿棒をこすりつけて、検査を行います。約10分後で結果が出ますので、すぐに治療が開始できます。

PageTopへ戻る