〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-5-7 くもんぴあ箕面3F
TEL.072-725-8133

大阪府箕面市 耳鼻科/鼾(いびき) 睡眠検査 経鼻的持続陽圧呼吸(CPAP)療法  おおひなた耳鼻咽喉科クリニック

その他の病気

上記QRコードよりモバイル専用
ページがご覧いただけます。

HOME»  その他の病気

このような症状でお困りの方

  • 顔面の痛み・腫れ・運動麻痺
  • くびの腫れ・しこり・痛み

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

原因

ムンプスウィルスによる感染

症状

2から3週の潜伏期ののち、片側または両側の耳下腺(耳の下にあり、唾液をつくる部分)の痛みと腫れが生じ、発熱、頭痛、開口障害も伴うことがあります。顎下腺(顎の下にあり、唾液をつくる部分)の腫れも、しばしば伴います。腫れは3日目がピークで、7~10日で消失します。一般に、成人の方が、小児に比べ、症状が強く出ることが多いようです。

治療

解熱鎮痛剤等の対処療法

注意点

学校保健法では、耳下腺の腫れが消失するまで出席停止と定められています。

シェーグレン症候群

原因

唾液腺(唾液をつくる部分)、涙腺(涙をつくる部分)の自己免疫疾患*であるとされています。

*本来はウイルスなどの自己と異なる外敵を、認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対して、過剰に反応し攻撃を加えて生じる疾患

症状

口腔内乾燥症の原因の一つで、口の中の乾燥感以外に、舌や口腔内の痛み、味覚異常が出現します。この他に、関節痛、眼症状(異物感、乾燥感等)があります。

治療

唾液分泌促進薬、ステロイド剤、人工唾液・人工涙液

ハント症候群

小児期に水痘(みずぼうそう)に罹患した際、「水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)」は全身の知覚神経節に潜伏感染します。そして、このうち、顔面神経の膝神経節に潜伏していたVZVが、再活性化することによるとされています。

症状

耳介・外耳道の帯状疱疹: 耳痛、耳後部痛
顔面神経麻痺: 前額筋、眼輪筋、口輪筋の運動麻痺
内耳神経症状: 耳鳴・難聴・めまい

治療

抗ウイルス薬、ステロイド、循環改善薬、ビタミン剤などが使用されます。薬物治療でコントロールできない高度神経障害では手術が行られます。

原因の明確でない耳痛は、遅れて顔面神経麻痺が出現することがあるので、注意が必要です。

慢性甲状腺炎(橋本病)

原因

甲状腺における自己免疫疾患であるとされています。

症状

前頸部腫脹、甲状腺機能低下による症状(浮腫、皮膚の乾燥、耐寒性低下、体重増加、徐脈、月経異常)

治療

甲状腺ホルモン補充療法

PageTopへ戻る