〒562-0001
大阪府箕面市箕面6-5-7 くもんぴあ箕面3F
TEL.072-725-8133

大阪府箕面市 耳鼻科/鼾(いびき) 睡眠検査 経鼻的持続陽圧呼吸(CPAP)療法  おおひなた耳鼻咽喉科クリニック

院長のちょっとためになる話

上記QRコードよりモバイル専用
ページがご覧いただけます。

HOME»  院長のちょっとためになる話»  院長のちょっとためになる話»  花粉症 こんな症状が出てきたら、薬が残っていても受診を

花粉症 こんな症状が出てきたら、薬が残っていても受診を

花粉症 こんな症状が出てきたら、薬が残っていても受診を

スギ花粉症に対して、内服薬や点鼻薬を長い日数で、処方することが多いですが、以下のような場合は、薬がまだ残っていても、早い時期に耳鼻咽喉科を受診した方がいいです。

・これまで、水様性の鼻漏(はなみず)だったのが、黄色の鼻漏に変わってきた。
・なんとなく頬が重かったり、痛かったりする。
これらの症状は、副鼻腔(鼻の周りの空洞)に炎症が、およんだ場合に、生じることが多いです。追加の処置や内服が必要になるかも知れません。

・鼻をかむ度に、血液が混じる。
鼻を繰り返し、かむうちに、鼻の粘膜に傷が出来てしまった可能性があります。

・耳が詰まった感じがしたり、聞こえにくかったりする。
耳と鼻をつなぐ管(耳管)の調子が悪くなったり、中耳炎を起こしていたりしている可能性があります。

・2月頃は、症状はあまりなかったが、3月に入ってから症状が強い。
花粉の飛ぶ量が多くなり、症状が悪化したと思われます。特に今年は、花粉の飛ぶ量が多いと予想されていますが、2月はあまり飛んでいませんでした。薬をより強いものにしたり、追加したりする必要があります。

2011-03-06 00:00:00

院長のちょっとためになる話

 
PageTopへ戻る